自家用車の未来

自家用車、それも素晴らしいハイソサエティ自家用車の持ち主であることが一種のステイタス・シンボルであった年代はいまや終わりを告げようとしている って貧困の私は、願望類計測を以て勝手に思い込んでいます。

これからは自家用車を以ていないことが伊達年代だ。個人で負担するにはあまりにも莫大な元金のみならず、措置費に加え、モータープール取得に伴う賃料たるや、厄介な居候を抱えているようなものです。そもそも、愛車とか、商品を持たざる(持たなくて済む)のがポストになる時代になるのではないでしょうか。近年の軽自動車話題は、その先駆け的な兆しという気がします。

自動車メーカーは、激烈な研究戦いの間、他社に負けじと、次期理想の研究にマネージメント資源を投入している。逆襲の着想で、愛車のクリエーターだからこそ思いつく「愛車を持たなくてすむ雑貨」の研究ですとか、先の弱い自動車メーカーのマネージメント資源を活用できる画期的な新野原の発見 だとかに注力してみてはいかがでしょうかね。

目的地にたどり着くまでは明るい移動だ。

今日は家族で航行に出かけました。生存は乳幼児が行きたがっていた水族館だ。ハイスピードにおいて往路3時間になります。乳幼児は水族館狙いですが、父母の私達は航行も楽しみにしていたので、いつの水族館なら航行も味わえるか計画していました。
運行が好きな主人なので主に主人が運転しますが、私も運転させてもらう本旨としていました。こちらは大都市の往来よりは田舎道が好きなので、ハイスピードは主人に任せて下道を担当することにしました。
ハイスピードですが、混雑する距離もありましたが大きな渋滞もなく順調でした。たまにカー競合をしているといった足取りを出している愛車や、前の愛車にくっついて行く愛車を見かけたりしました。あんな愛車を見るとヒヤヒヤしました。
ハイスピードを降りたら私の番だ。結構運転し易く私の理想的な往来でした。愛車も手広くなくて、それでいて路上も小さくなくて、往来もナビゲーションシステムを見ながら快適に運転することができました。ただ、乳幼児は往路3日数という道筋にチラチラ飽きがちでしたが、通り掛け往来のターミナルで休憩しながら目的地に到着することができました。

次回のニューモデル習得を考え想う先。

 今回、ボクはBMWの116に乗っている。間もなく車検が来ますが、今回だけ車検を通して、今度までに車を購入する意図だ。以前も外車に乗った経験がありますが、世帯って共有だった結果こういうBMWが何とか自分で選んだ外車でした。世帯や同僚は、国内車派で、外車好きなボクを変わっているとかミーハーですとか言います。今昨今、気に入っていて今度取得を検討している車もともかく外車で、ルノーの保存と、フィアットの500Xだ。最近のニューモデルで起きる車が全体的に丸種類から隈ばったシルエットに変わりつつあります。どちらかといえば淑女類でなく夫類に変容しつつあるようです。ボクは丸くて可愛い車が好きです。認可を取り一番初めに乗った車は日産のBe-1でした。甚だ愛くるしいシルエットに一瞬ぼれし、当時大学生だった結果無理して購入した記憶があります。個別車であったもののあの可愛さは、その後の国内車には僅か部類です。ずっと国内車も可愛らしいコンパクトな高品質の車が出来れば良いのにと思います。

意外な落とし物がサイドブレーキの誤荷札を…

パジェロスモールのサイドブレーキ照明が消えなくなり、店舗に申請に行きました。
「阻止パッドの摩耗が原因ではないか」と言われ、これはまた出金ですな…って
覚悟していましたが、調査の結果は意外な品でした。
パジェロスモールのサイドブレーキは左で退くもので、昔から生じる仲間ですが、
サイドブレーキ周りにはゴム膜が付いています。こういうゴム膜のすき間から
1円玉が落ち、それが移植に抵触して照明が点きっぱなしになっていたのです。
車内で食生活を取り去ることは再三なので、こういうすき間に食べ物のかけところが
降りしきることはよくあります。時折掃除しているのですが、おいおい1円玉が落ちているとは
思ってもみませんでした。
昨今皆軽自動車を試乗していますが、航行縁台って助っ人縁台が繋がった平らな書類って
必ず良いな、と思います。初めて、こういうすき間に金入れが挟まっていて、なくした落としたという
大騒ぎしたこともありました。
次のマイカー確保ではきっちり繋がった書類の車を選びたいと思います。

一概には言えない事態だけれど

本人は根源「要覧クルマ派」です。
元々の第一歩はレースの状況に憧れ、スポーツカーに憧れて、「クルマ上がりは黙ってスポーツカーです!」としていた時があったからに他なりません。
が、今なお「要覧クルマ派」であるのはその頃の営みが身についているのもさる事ながら、「緊張をもちましてクルマをドライビングとれる」という点においてです。
これが、強制かというとよっぽどそんな事はありません。
若かりし内はともかくとして、今はゆとりを持ってATクルマという範囲に何ら後ろ向きではありませんし、走行に空白があればそれはそれで落ち着いた走行にて長時間の運転も苦にならないという点で利きっかけだと思っているからだ。
ただし、僕は…というか僕個人の所見としては便利に慣らされてしまう事を恐れて今なお要覧派を貫いていらっしゃる。
自分の本質を知っての事とでも言いましょうか。
本心、クラッチを滑らせた事等何度もありますし、坂道出発でサイドブレーキのデビューをミスってクルマがさっと裏に行った事もあります。
ギアの入れ罪もよくしました。
ただし、コンビニエンスストアにブレーキとアクセルを間違えて突っ込んですこともないですし、長時間の走行で眠かきするあたりリラックスする事も少ないです。
詰まり「安穏」に要覧クルマ運転でのある程度の緊張が僕にとりまして一役買っていらっしゃるという事です。
車に乗る場合専ら「アクセルを踏めば進み、ブレーキを踏めば立ち寄り、トレードを回せば屈する」という程度の精通で跨るよりは、「どうクルマは動いているのか、ギアとエンジンの要因は?」などが頭にいるほうがどんどん自在にクルマを理解しコントロールし、そうする事でアクシデントや無謀運転への制御になると思っているのです。
最もこういう事は、あえて要覧クルマを買わなくても一度でもJAFの自動車運転ワークショップ等を体験すれば練るによって絶えず分別を深められるは思いますが…。
クルマの演技は「イコール=上がり心地」の傾向があります。
最近になってとうとう「安穏」という点に特に注視する傾向が強くなっていますが、全てを道具任せにするのはそもそも根本的な勝利になっているのか?という疑問を持つのです。
道具がかりに便利になったとしても、結局最終的に運転するのは「性分」なのはいつの世の中も貫くでしょう。
がんらいアクシデントへの制御として最も重要な意識としては「1500㎏以上の鉄の集団が時速60km/h以上で走行してる」という事を運転する近隣が理解する事なのではないかなと思っているのです。
やつは総じて「見聞きが生」と言いますが、クルマのアクシデントだけは演説がめいめいです。
防ぎみたいのない場合は別として、加害者に一度でもなってしまえばそれは天命背負わなければならない過ちになるのですから。

クルマのいずれ

愛車、それも眩しいゴージャス愛車の持ち主であることが一種のステイタス・シンボルであった年代はもう終わりを告げようとしている といった貧乏のわたしは、希望みたい測量をもちまして勝手に思い込んでいます。

これからは愛車をもちましていないことが伊達年代だ。個人で負担するにはあまりにも莫大な初期投資のみならず、メンテ費に加え、モータープールキープに伴う価格たるや、厄介な居候を抱えているようなものです。そもそも、マイカーとか、物質を持たざる(持たなくて済む)のが位置付けになる時代になるのではないでしょうか。近年の軽自動車人気は、その先駆け的なサインという気がします。

自動車メーカーは、激烈な考察対戦のインサイド、他社に負けじと、次期見本の考察にコントロールキャピタルを投入している。逆襲の第六感で、マイカーのメーカーだからこそ考え付く「マイカーを持たなくてすむ売り物」の考察ですとか、先の薄い自動車メーカーのコントロールキャピタルを活用できる画期的な新範囲の掘り出し だとかに注力してみてはいかがでしょうかね。

子供って本当に良く見ている。

最近、息子が三歳になり思う事です。子供って大人のやる事や話している事を見たり聞いたりしているなあ~と…例えば私が夜、部屋の電気を消し忘れつけっぱなしにしていた時などは私が「あ、つけっぱなしにしてた…」と言うと息子は「お母さん、何か僕に言う事なーい?」と言ってきます。これは私や祖母が息子を叱る時によく言う言葉です。何か悪い事をした時に「お母さんに何か言う事あるでしょ?ごめんなさいは?」と言って諭したりしています。これを、息子はしっかり覚えていて私が電気を消し忘れた事を「悪い事」と認識して自分に謝るように言ってきたのです。これには驚かされました(笑)普段私たちが何気なくしている会話などにも子供達は聞いていて覚えているのです。「子は親の鏡」や「この親にして、この子あり」などの言葉がありますが本当に、その通りだな~と感心させられます。こういう事も踏まえて子供達に恥ずかしくない行動や言動を心がけるように自分自身がしっかりしないといけないな…と考えさせられました。

不妊について

近年、不妊に関する話題が多く取り上げられるようになってきました。認知度が高まってきましたが、未だに不妊に対して誤解している方がいると思います。
不妊と聞いたら、多くの人は女性側に原因があるというイメージをお持ちの方がいると思います。しかし、現実は違います。実は、男性側に原因があるケースも意外と多いのです。割合でいうと、半分くらいは男性側に原因があるのです。私もこの数字には正直驚きました。女性の方が多いと思っていましたが、同じくらいなんですね。ですので、子どもができないという場合は、男性はまず自分に原因があることも疑わなくてはなりません。自分ではないと決めつけていたら、原因の発見が遅れてしまいます。不妊の原因の半数が男性側にあるわけですから、可能性は高いです。
私はこのことを知ることができて良かったと思います。誤解は危険です。テレビなどに対しても、誤解を与えないような報道をしてほしいと思っています。

やっぱり楽しい地元の同窓会!

先日、高校の時の同級生が集まって
プチ同窓会がありました。

何年ぶり?ホントにみんな変わってなくて
盛り上がって楽しかった~!

ママになってる人、パパになってる人
携帯で子供の画像 見せ合って
ママパパに、似すぎてて大笑いもしました。

やんちゃな高校生だった、みんなが、
今はちゃんと、お母さんお父さんしてるのが
不思議でたまらないです。

ちゃんと、りっぱな社会人に
なってることも、凄いですけどねw

全然勉強しなくて、
親や先生を困らせていたのに

親になったら、自分の子供には
「勉強しなさい」っていうのね(笑)

あの頃の自分も、ちゃんとしておけば
良かったなあ~なんて思いながら。

私の同級生は、結構、既婚率高かったです。
まだ、働いてるし、みんな頑張り屋さん。

本当に久しぶりに会ったのに
すぐに、あだ名で呼び合って、
高校生に戻ったみたいで本当に楽しかった。

久しぶりに、心から笑えた気がする。
「地元の友達って最高!」って思いました。

大人になると、学生の頃みたいに
仲良くできる友達って、
なかなかできないですよね。

だから、この縁は大事にしないと
いけないですね。

みんな今は、バラバラだけど
また、時間作って会いたい。

今度会える時まで、毎日頑張るよ!
ああ~早く次の同窓会来ないかな~。

お義母さんからの贈り物

先日お義母さんから連絡があり野菜を送ったと連絡がありました。
主人のお義父さんの趣味はマラソンで、よく色んな地方の大会にお義母さんと一緒に出掛けているのですがその出先で見かけた珍しいものをよく我が家に送ってきてくれます。
今回は長野の野菜を箱に詰めて送ってくれると連絡があったので私はとっても楽しみに待っていました。
だって長野の野菜なんておいしいに決まってます!
そして届いた段ボールをワクワクしながら開封するとその中にはレタス、トマト、玉ねぎと一緒に見たことがないキノコと大きななめこが入っていました。
レタスたちはもちろんおいしく食べれるのですが、このきのこたちはどうやって食べればいいのでしょうか?
早速インターネットでレシピを検索していくつかおいしそうなものをピックアップしてみました。
キノコ嫌いな主人は見た瞬間から嫌な顔をしていましたが、私はキノコが大好きなので食べたことがないキノコを食べるのが今から楽しみでなりません。
作り終わったら写真を撮ってお義母さんにメールしてみようと思います。